利用規約

規約

参加される皆様へ

1.主旨

本イベントはタイムや着順などを競うレースではありません。レンタサイクルで館山のまちめぐりを楽しんでいただくことを目的としたイベントです。
期間中を通じてコース上では一般車両の通行規制はしていませんので、基本的な交通規則を遵守し、追走・並走・割込みなどはしないでください。ご参加にあたっては以下の規約を守り、安全な走行を心がけてください。

2.自転車について

このスタンプラリーはレンタサイクルを利用した上での参加となっています。
所定のステーションにて普通自転車または電動アシスト付き自転車をご利用ください。

3.自転車の管理・盗難・破損について

駐輪する場合や、自転車から離れる場合は、盗難を防ぐために必ずカギをかけるなど、管理をお願いします。
盗難にあった場合は、自転車を借りたステーションに連絡してください。

4.自転車の故障について

自転車が故障した場合は、安全な場所に停止してから自転車を借りたステーションに連絡してください。

走行中の注意事項

1.交通ルールの遵守

【交差点では】交通ルールを守り、自転車と車の円滑な走行にご協力ください。また、横断する歩行者がいれば道を譲ってください。 交通法規に従って、二段階右折が必要な交差点では、二段階右折を行ってください。
【左側走行の遵守】コースを走行するときは安全上、左側一列走行を遵守してください。
【並走走行・蛇行の禁止】全てのコースにおいて、他の参加者との並走走行は交通の妨げになるので禁止します。 蛇行走行も禁止です。
【停止】停止する時は、必ず前後の安全を確認し、後方の方に合図をおくり、端に寄せ、ゆっくりと停車し、安全な場所へ移動してください。
【後方車輌への注意】走行中は後方の車輌にご注意ください。後方車輌の有無はご自身の目と耳で確認してください。
【ライトの点灯】夕暮れに近い時間やトンネル内を走る場合は、ライトの点灯をお願いします。 参加者の方は、各自責任をもって安全を確認しながら走行してください。
【禁止区域内への自転車乗り入れの禁止等】自転車乗り入れが禁止されている区域内への乗り入れは固く禁じます。乗り入れないようご注意ください。また、商店街など歩行者の往来が多い場所では、自転車を降りて通行してください。
【自動車専用道路への進入・走行禁止】自転車での自動車専用道路の走行は、道路交通法で禁止されています。
危険ですので、進入・走行は行わないようご注意ください。
【スマホを見ながらの走行禁止】スマートフォンを見ながら自転車を走行させることは千葉県道路交通法施行細則で禁止されています。危険ですので行わないでください。

2.路面のコンディション

道路のコンディションは、工事、侵食、破損などの状況によって場所毎に異なります。

3.車での伴走

参加者の家族等が自家用車で伴走することは危険で、一般車両の妨げになりますので禁止します。

4.走行中の事故や怪我について

【走行中の事故が発生した場合】事故を起こした場合や怪我をした場合、ご自身で、110番、119番へ連絡してください。
【参加者がご自身で保険に加入されている場合】参加者ご自身で保険に加入している場合、保険の種類によっては、警察の交通事故証明が必要になる場合があります。

誓約事項

<規則の遵守義務>

私は、たてやまサイクルスタンプラリー(以下、本イベント)が一般道路を個人の責任で走るサイクリングであることを承知し、交通法規などはもとより主催者が設けたすべての規約・規則指示を遵守し、他の交通に迷惑をかけません。
また、本イベントの参加にあたって、私個人の責任において、安全管理・健康管理に十分な注意を払って本イベントに参加し、万一、体調などに異常が生じた場合はすみやかに走行を中止することを誓います。

<環境変化の理解>

私は、本イベントが変化しやすい自然環境の中で行われ、参加者の体調は急激に変化する特性があることを十分に認識しています。

<健康状態の自己申告>

私は、イベント参加時の健康状態を良好に保ち、本イベントの参加に何ら問題を生じる事は予想されません。

<自己管理責任>

私は、参加者個人の自覚と責任において、安全と健康に十分な注意を払って本イベントに参加し、走行中に私が被害者又は加害者となる事故が発生した場合、原因の如何を問わず、主催者に責を帰さないことを誓います。

<負傷・死亡事故の補償範囲>

私は、本イベント中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても、その原因の如何を問わず、本イベントに係わるすべての関係者に対する責任の一切を免除します。従って、私はここに、私自身・私の遺言執行人・管財人・相続人・近親者などのいずれからも、私が被った一切の傷害について賠償請求・訴訟およびそれらのための弁護士費用などの支払請求を一切行わないことを誓います。

<免責事項>

私は、気象状況の悪化および走行環境の不良など主催者の責に帰すべからざる事由により、内容に変更があった場合、さらには用具の紛失・破損などにより本イベント参加に支障が生じた場合においても、主催者に対してその責任を追及しないこと、並びに本イベントへの参加のために要した諸経費の支払請求を一切行わないことを誓います。

<肖像権及び個人情報の取扱い>

私は、私の肖像・氏名・住所・年齢・競技歴及び自己紹介などの個人情報が、主催者、及び関係者が作成するウェブサイト、パンフレット、広報物、SNS、報道並びに情報メディアにおいて今年度並びに、来年度以降も使用される可能性があることを了解し、付随して主催者、及び本イベント関係者が制作する印刷物・ビデオ並びに情報メディアなどによる商業的利用を承諾します。

<本誓約書に規定されていない事項について>

本誓約書の解釈に疑義が生じた場合、本イベントにかかわる規則に従い解決することを承諾します。万一、本イベントに関する争いが生じた場合、その第一審の専属管轄権は千葉地方裁判所とし、準拠法は日本法とする事に同意いたします。

自転車利用五則

道路交通法の一部を改正する法律における自転車利用者対策

  • (1) 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • (2) 車道は左側を通行
  • (3) 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • (4) 安全ルールを守る
    • 1. 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    • 2. 夜間はライトを点灯
    • 3. 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  • (5) 子供はヘルメットを着用

警視庁のホームページへ➡ 自転車利用五則